うつ病

うつ病、ツラいよ

Pocket

うつ病になってから、わかったのだが、周りから理解されないことが一番モヤモヤしていまう。

スポンサーリンク

うつ病なんて、気のせいなんじゃないの?
うつ病には、見えないけど。
うつ病なんて心の風邪みたいなもんでしょ。

 

と、大体このようなことを言われ続けてきました。

 

だけど、しんどいんですよね・・・。

 

常に疲れている。寝ても疲れた取れない。息が上がりやすい。めまいがする。吐くものがないけど、吐き気がする。ぼんやりする。やる気ない生きる気ない。早く死ねばいいのに。生きていて意味がない。自分が生きていても何も変わらないでしょ。

 

楽しくない、面白くない。つまらない。くだらない。モチベーション上らない。首痛い。肩痛い。背中痛い。足痛い。とか、もう言い出したらきり無いですが、とにかく慢性疲労症候群のような感じの状態が、小学生からずっと続いています。

精神内科医に通院したのが、きっかけ

 

大きな原因の一つは両親の離婚だと思います、衝撃的でした。もう、生きる気力をなくしました。初めて死にたいと思いました。小学生にして・・・。それ以降、成績も急降下。テスト0点当たり前。テレビゲームしかしない子供になりました。母親からは、毎日罵声の嵐。やる気ない、生きる気ない。もうどうしようもない・・・。

 

そのような少年時代を過ごしました。社会人になって、うつ病と判明したのは、会社の産業医のストレス診断です。ストレス診断で、欠陥が判明してので、産業医との面談が行われることになりました。

スポンサーリンク

 

そして、たくさん質問されて、精神内科に通院するように・・・、とのことを言われて、会社近くの精神内科医に通院したのが、きっかけでした。精神内科の通院を続けて診断されたのは、うつ病でした。どうりで、生きる気力がない。やる気がない。死ぬことしか考えれない。うつ病と言われて、ああ・・・自分は精神病だったんだ・・・って初めて自覚しましたね。

 

母親にうつ病だったことを伝えると、

 

うつ病なんて、気のせいなんじゃないの?
うつ病には、見えないけど。
うつ病なんて心の風邪みたいなもんでしょ。

 

と、大体このようなことを言われ続けてきました。
※上のことをコピペしましたけど・・・、大体このようなことを言われましたね。

社会不適合者

 

そして、抗うつ剤、睡眠薬を処方されて、かれこれ、3年以上が経過しています。この3年くらい働いていません。労務不能と認定されているからです。

 

精神障害者2級の手帳を持つようになってしまったからです。毎日、暇です。毎日、何もすることがありません。毎日、同じパンツを履いています。かれこれ、一週間以上、同じパンツを履いています。洗濯するのが、非常に億劫です。

 

お風呂は一応入っていますが、ヒゲ、ボウボウです。まるで、浮浪者みたいです。今の力が抜けた状態、っというか魂が抜けた状態で、記事を何となく書いています。正直、苦しいです。苦しい毎日から抜けら出せないです。

 

働けなくなって借金返済できなくなって、法テラスの弁護士に自己破産を依頼して、自己破産中ですが、毎日、誰とも会っていないですし、誰とも会話していないですし、ヒマです。ニート以下です。社会不適合者になってしまいました。生きている価値あるのでしょうか・・・。

スポンサーリンク
Pocket

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

トラックバックURL: