自己破産

個人的には税金滞納おすすめしたくない

Pocket

税金滞納して、延滞税があるのは、知っているだろうか。税金滞納したら、滞納している分、延滞料金が明細書に記載されているのだ。

スポンサーリンク

レンタルビデオでも延滞料を取られることと同じである。

役所から黄色い用紙で、期日までに税金支払わないと財産差し押さえと言ったような注意書きが届いた

 

税金滞納したのは、勤めていた会社でパワハラにあってしまい、会社を失踪してしまい、自己退職してからだ。その後、無職、アルバイト、派遣社員を転々とするようになってしまった。

 

生活費を支払うだけで精いっぱいの状況だったので、税金の支払いが後回しになっていった。そして、税金を滞納していったのだ。

 

すると、役所から黄色い用紙で、期日までに税金支払わないと財産差し押さえと言ったような注意書きが届いたのだ。急いで役所に行くと、税金の分納を提案された。税金の滞納は100万円を超えていた。

 

分納すると言っても一か月1万円ずつ・・・。それでも、新規の税金が発生するので、税金の完済には、ほど遠い・・・。

スポンサーリンク

税金を完済できない理由書も毎回自筆で書かされる

 

税金の延滞料金も増える一方であり、結局、民間企業、金融機関と同じように、延滞料金を役所は請求してくるのだ。延滞しているのだから仕方ない。役所もボランティアで運営しているのではないのだから。

 

税金、まともに支払わないと延滞料金取られる。そして、半年に一回ほどの面談がある。面談の時に、いつも、いつ、いくら、支払えるか。給料が上がる見込みはないのか?など、質問される。

 

そして、税金を完済できない理由書も毎回自筆で書かされる。そのような仕打ちを半年に一回、受けているのだ。会社で言えば、陳述書とか始末書のようなものを半年に一回書いているようなものだ。

 

そういった理由もあって税金滞納は個人的におすすめしたくない。税金は速やかに支払う方が結果的に安くすむのだ。クレジットカードの支払いの延滞だったり、銀行カードローンの延滞と税金滞納は、結局、延滞料金を取られるという意味では同じである。

 

私は結果的に自己破産してしまったが、税金は自己破産してもなくならない。いつまでも残り続ける借金なのである。

スポンサーリンク
Pocket