自己破産

自己破産してから、生きる気力なく、暇すぎて、何もしていない日々

Pocket

自己破産して、家計収支表つけて、破産管財人弁護士と面談して、何度か債権者集会に出席してきた。

スポンサーリンク

今では、債権者集会に出るために、ただ、日々を過ごしているみたいな感じの毎日になっている。

自己破産して目標、目的を見失ったような状況になってしまっている

 

債権者集会に出席する以外にすることと言えば、精神内科に通院することくらい・・・。障害年金なので働けない状態にあり・・・。

 

ニンテンドースイッチ、WiiUを持っているけど、ほとんどしていない。あまりする気力がないような感じ。うつらうつら冷暖房を入れながら、横になっている感じ。スマホをいじっていないで、ただ、何もない・・・。

 

何もすることがない・・・。自己破産して目標、目的を見失ったような状況になってしまっている。

 

生きる目標、目的がなくなってしまっているような感じ。ただ、息をしているだけ。

ヘルパーが来るときに食材を買いに行くの、面倒になってしまっている

 

朝、昼、夜、とご飯を食べて、うつ病の薬を飲んでいるだけ。寝る前に睡眠薬を飲んで、寝るだけ。そんな毎日を過ごしているだけ。

 

仕事に忙殺されていたころは、生きるとか、どうとか、いちいち考えている余裕なんてなかった。借金に追われている時の方が目標、目的があって、生き生きしていたかもしれない。

スポンサーリンク

 

でも、とうとう自分の中の何かが切れてしまって、うつ病になってしまって、失業してしまって、自己破産してしまって、障害年金で生活するようになって・・・。

 

人生、だんだん転落していった。ヘルパーが来てくれて、掃除、食事などしてくれるが、なんだが機械がしてくれているような感じで愛情も何もない。ただ、掃除をして、ただ、食事が用意されて・・・。

 

食材だけを買いに行って、あとはヘルパーが調理するみたいな感じである。ヘルパーが来るときに食材を買いに行くの、面倒になってしまっている。

何もわからない

 

本当は、コンビニ飯で充分だと思ってしまっているからだ。コンビニ飯といっても、カットサラダとパスタが混ざっている物を食べるだけである。

 

あと、朝はジャンクフード店に行くことが多い。昼は、卵かけご飯1杯食べて終了。夕ご飯はコンビニ飯を食べることが多い。間食はジャンクフード店に行ってジャンクフードを食べるだけである。

 

だから、体脂肪率が高くて肥満になってしまっている。血も汚れていることだろう。そんな生き甲斐のない生き方を毎日送っているので、なんだかつまらない。なんだかくだらないと感じてしまっている毎日である。

 

自己破産終わった後、あとどうするか・・・。もう、何もわからない。

スポンサーリンク
Pocket