うつ病

もうゲーミングは嫌だ、心が病んだ

Pocket

ゲーミングしてイヤになった。心が病んだ。ゲーミングのライブ配信をしていると、チャットで通話アプリで通話しながら、ゲームしたいと入力してきた人が出てきた。

私は通話アプリをインストールしていない、やったことがないことを伝えると、

できるようにしろ!

ということを言われて、通話アプリをインストールしてチャット相手と初めて話をした。

すると、ヤクザ口調で、その操作が、悪いんじゃないか!あれが、悪いんじゃないか!と、いろいろと言ってくる。

相当体力を消耗

 

そして、仲間を呼ぶから待っておけ!と言われて、仲間に電話してゲーミングしながら、通話アプリ、できるようにしてほしいと仲間を呼んで、説明していた。

 

ヤクザ口調の仲間の人は普通の人で私のパソコン画面を見て、この通りにしてみて、と言われて、その通りにしたら、ゲーミングと通話アプリが連動するようになった。

 

実に3時間くらいそのやり取りに時間がかかった。ヤクザ口調の人は、すっかりやる気をなくしたといって、3時間も時間を使わせやがって、

 

お前は今から俺の奴隷じゃ!

 

と、いきなり、通話アプリの会話でまくしたててくる。

 

まるで理不尽な上司に言われたことがあるような感じだった。

スポンサーリンク

 

私はすっかりモチベーションが下がったまま、理不尽なヤクザ口調の人とゲーミングをプレイした。結局、プレイ時間は2時間くらいだったが、相当体力を消耗した。

ゲーミング引退は意外と近いのかも

 

しかも、通話アプリで調整したおかげで、なんだかゲーミングとイヤホン付きマイクのエコーがかかるようになってしまったり、音量が重複したりして、おかしな設定になってしまった。

 

その設定をいつもの設定に直すのに1時間くらいかかった。

 

私はゲーミングが嫌になった。

ゲーミングで心が病んでしまった。

もう、ゲームはしたくない。

ゲームをしてチャットしてくる人が怖い・・・。

 

そんな恐怖心にかられるようになってしまった。

 

ただでさえ、うつ病なのに、発達障害なのに、ヤクザ口調で、土足で相手の心に足を踏み入れて、ズカズカと心を踏み荒らされた気分になった。

 

もう、ゲーミングを引退しようかと思った。

 

でも、特別定額給付金でゲーミングパソコンを買ったのに・・・。

さらに、ゲームキャプチャーボード、イヤホン付きマイクを買ったのに、それを無駄にしてしまうのもなんだか心もとない・・・。

 

でも、このままゲーミングを続けていると、また、いつ、理不尽なヤクザ口調の人が乱入してくるかわからないので、ライブ配信するのが怖くなった。私のゲーミング引退は意外と近いのかもしれない・・・。

スポンサーリンク
Pocket